Wire drowing & forming

伸線・フォーミング事業所

伸線・フォーミング事業所

“ものづくり”を通して
社会に貢献

細かなニーズにお応えします。

伸線・フォーミング事業所では、バーインコイルを主原料にした線材製品(鉄線、溶接金網及び鉄筋格子、なまし線等)を製造・販売すると同時に、国内鋼板メーカーから仕入れた薄板を素材にした農業用鋼管、一般構造用鋼管、軽量形鋼、軽天等の製造・販売も行っています。そのほか、塩害対策型県産フェンスや農業用施設の骨材加工、設計、施工などお客様のニーズに合わせてお届けしています。

作業風景

製造工程

線材製品(連続伸線ライン)

1原材料

拓南製鐵㈱において、鉄スクラップを主原料にして成分調整を行い、JIS規格に合格した線材を使用。

2メカニカルデスケーラー

線材表面の酸化鉄(スケール)を機械的方法(曲げ・ブラシ)によって除去し、石灰石鹸溶液を付け前処理を行う。

3連続伸線機(ブロック機)

超硬ダイスによって所定の線径まで引抜加工(伸線)を行う。その時スムーズに加工する為、潤滑剤を用いる。

4連続伸線機(コイラー機)

最終伸線で所定の線径に仕上げる。荷姿はキャリア(金物)に巻き取るか20kg巻等に結束した荷姿になる。

5鉄線(線材・中間製品)

コンクリート二次製品用鉄線・セパレータ・溶接金網の材料として、県内外又は自社加工用として使用される。

鋼管製品(造管ライン)

1原材料

国内の鋼板メーカーから仕入れた薄板を各サイズの必要幅にカット(スリット)行い使用。

2フォーミング工程

薄板をロールによって曲げ加工を行い、円筒状に成形する。

3高周波溶接

高周波電流を円筒管の端縁に流すことで抵抗発熱が起こり、その熱によって溶接をおこない管に仕上げる。

4溶射

めっき鋼板の溶接の際、溶接個所を削り取ることにより防錆力が落ちる為、アークの熱源で亜鉛とアルミを溶かし、溶接個所に吹きつけ補修することで防錆力を回復する。

5サイジング工程

形状をわずかにひずませ、円形の真円度を高め丸パイプとして仕上げる。角パイプは専用ロールにて角型へ成形して仕上げる。